食品事業者の皆さん、検便していますか!

札幌市食品等の自主管理基準より抜粋

6 検便の実施基準

営業者は、別記1の対象について、その食品の製造、加工及び調理に直接携わる従事者に対して、赤痢、サルモネラ、腸管出血性大腸菌及びノロウィルスの項目につき年1回以上検便を実施し、特に、ノロウィルスの検査は、10月から3月に実施するものとする。(中略)

なお、検査結果はの記録は1年間保存するものとする。

最低でも、ノロの検査を1回、3菌(赤痢・サル・O157)の検査を1回受けましょう。

全国何処でも、お一人様から対応します。

ご依頼をいただくと、採便容器を郵送します。

 

採便後は、お客様により検査センターへ返送していただきます。

※返送料はお客様のご負担となります。

 

弊社指定の銀行口座に入金を確認後、検査結果を発送いたします。

※振込手数料はお客様のご負担となります。

検便価格表

項目 検査方法

検査日数

料金(税抜き)

3菌(赤痢、サルモネラ属菌、O157) 便培養 4-10営業日 700円
3菌(至急対応) 便培養 2-4営業日

1,700円

3菌+O26、O111、O128 便培養 5-10営業日 1,000円

ノロウィルス簡易検査

エライザ法

3-7営業日 2,000円
ノロウィルス簡易検査 イムノクロマト法 2-7営業日 2,500円
ノロウィルス(G1、G2区別なし) リアルタイムRT-PCR法 3-7営業日 8,000円
ノロウィルス(G1、G2区別あり) リアルタイムRT-PCR法 3-7営業日 12,000円

ノロウィルスは冷凍保存で冷凍発送。

その他は、冷暗所で保管し常温発送で構いません。

人数が多い場合は、割引になる場合がございます。

お気軽にお問い合わせください。

検便に関するお問い合わせ、またはご依頼

メモ: * は入力必須項目です

フーテックサービス

Footech Service

リンク